明石で七五三写真が撮れる評判の高い写真館 » 明石の七五三お参りの神社一覧

明石の七五三お参りの神社一覧

七五三のお参りで悩んでしまうのが、お参りに行く神社とマナーです。成長した子どもの姿を撮影できる神社や、知っておきたいお参りのマナーをチェックしていきましょう。

知っておきたい神社にお参りする時のマナー

七五三のお参りをする正式な時期は、数え年で男の子なら3歳と5歳、女の子なら3歳と7歳になる11月15日です。お参りに行く際の服装として、お父さんはダーク系のスーツ、お母さんはワンピースやスーツ、着物が好ましいでしょう。

七五三に限らず、神社参拝のマナーにも気を付けなければなりません。特に「二拝二拍一拝」の作法は非常に大切です。

また、初穂料も忘れずに用意しましょう。白赤蝶結びの水引が付いたのし袋に、「御礼」や「玉串料」などの表書きを書きます。祈祷を受ける場合は、表書きの下段に子どもの名前を書いてください。収める料金の相場ですが、七五三の場合5,000円程度が一般的でしょう。

明石で七五三撮影ができる神社

柿本神社

イメージ
引用元HP:公式サイト
http://www.kakinomoto-jinja.or.jp/keidai/

パワースポットとしても有名な柿本神社は、学問や文芸などにご利益のある神社です。春になると盲状桜や八房梅が見られると人気も高く、この時期を狙って七五三撮影をする人も多いでしょう。

岩屋神社

イメージ
引用元HP:公式サイト
http://iwayajinjya.com/index.html

写真スタジオを完備した神社なので、祈祷から撮影までをスムーズに行えます。地元の写真館と提携しており、10月・11月限定でロケーション撮影も可能です。開運招福や災厄消除のご利益があり、七五三のお参りに最適です。

御厨神社

イメージ
引用元HP:Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/御厨神社

学問の神様である菅原道真公を祭った神社。桜の名所としても有名で、開花シーズンには花見客で賑わいます。また、運気が上がるスポットとしても人気が高く、「子どもが幸せに暮らせるように」と願いを込めて参拝する人も多いです。

林神社

イメージ
引用元HP:Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/林神社_(明石市)

海を見下ろす高台に鎮座した神社で、本殿から海岸までが一直線に見渡せます。海をバックにしたロケーション撮影ができるのも良いところです。保育園も併設されており、神社全体が温かい雰囲気に包まれています。

七五三撮影でお参りするとき、着物レンタルできる店舗

神社で七五三のお参りをする際、子どもには着物を着せてあげたいものです。七五三撮影をしてくれる写真館によっては、お出かけ用の着物をレンタルしてくれるところもあります。

撮影と着物レンタルが付いたキャンペーンを行っている場合もあるので、ぜひチェックしてみてください。以下は、お出かけ用の着物を提供している写真館の一覧になります。

Googleの口コミ(★3以上)が多い明石の写真館
スタジオエミュ
               スタジオエミュ参考イメージ
引用元:公式HP
https://www.studioemu.net/gallery_list/?post_tag%5B%5D=shichigosan&post_type=gallery_list&s=&post_type=gallery_list

★3以上の口コミ数:60

撮影料 無料
商品代 3面アルバム:28,000円
公式サイトで
写真を確認

写真撮影について電話で聞く

阿那写真館
               阿那写真館参考イメージ
引用元:公式HP
https://www.facebook.com/pg/ANaphotostudio/posts/?ref=page_internal

★3以上の口コミ数:50

撮影料 無料
商品代 3面アルバム:41,000円
公式サイトで
写真を確認

写真撮影について電話で聞く

スタジオマリオ
               スタジオマリオ参考イメージ
引用元:公式HP
https://www.studio-alice.co.jp/info/recommend/20180507_753.html?utm_source=line&utm_medium=line&utm_content=line180507_TL_753&utm_campaign=1805line

★3以上の口コミ数:15

撮影料 3,000円
商品代 3面アルバム:31,400円
公式サイトで
写真を確認

写真撮影について電話で聞く